FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.24 (Sat)

スターバックス新ロゴとロゴの歴史

210259334_69ca066263.jpg

【5月18日 AFP】
米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)がこのほど発表した
新しいロゴマークに対し、
カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)を拠点とする
キリスト教系団体「The Resistance」は裸の女性が両足を「売春婦のように開いている」などと
非難し、不買運動を呼び掛けている。スターバックス側はこの見解を否定している。

 この新しいロゴは16世紀スカンジナビアの木彫にある2尾の人魚を元にしたもので、
1970年代に同社が用いていたロゴに似ている。(c)AFP


ロゴはその企業のイメージに直結するもので、新しい会社がイメージ刷新をする際にはロゴから帰るんですね。 スターバックスのコーヒーの好きな私はこの新しいロゴの意味はあまり問題になりません。
スターバックスはコーヒーだけではなく、文化を商業化し、新しいコーヒー文化を創出した点で現在全世界の人々に好まれるのではないでしょうか。。

しかし、コーヒーの味や新しい競争相手の登場にスターバックスも危機感を感じ、ロゴを前使っていたロゴに変えたそうです。


それでは、スターバックスのロゴの歴史をちょっと調べてみました

今までの私の世代ではスターバーといえば「緑色」が思い浮かんでくるのも凄いいことだと思います。




siren-book.jpg

これがもともとのスターバックスのシンボルになった2尾の人魚の図案です。
両尾を手で握ったこの図案が少々性的なイメージを抑えたのです。

1971sta.jpg

1971年コーヒー豆の販売店として出発したスターバックスのロゴです。
現在新ロゴの元祖となった2尾の人魚が描いてありますね

starbucks-logo-1987 #49324;#48376;


1987年、スターバックスはもっと現代的にロゴを変更します。
以前のロゴより親しくなった緑色のロゴですね。
以前の腹の膨らみはちょっとなくして胸も隠して
全世界的に受け入れられるようにデザインを改善しました。
でも、まだへそは残っています。
そして最初に使った「Starbucks Coffee.Teaand Spice」
ではなく緑色の字で現在と同じである「Starbucks Coffee」に変わりました。


starbucks-logo-1992 #49324;#48376;

1992年現在、全世界で見られるロゴです。
同時スターバックスはナスダック(NASDAQ)に上場していましたが、
そのためか、性的なイメージをなくそうとしているのが見えますね。
当時デザインの変更のポイントは「へそ」を隠して「下半身の修正」など、
シンボル化(象徴化)するように至ります。

starbucks-logo-2006 #49324;#48376;

実はよく知られてはいないですが、新ロゴで一部の店舗で使われてます。
創立35周年を記念として新しい経営革新をはかどろうとしたスターバックスは
2006年9月に最初のロゴである2尾の人魚のロゴに変えたものです。
最初のロゴとほぼ同じだと言えますよ。
ロゴのまわりの文字も「Starbucks Fresh Roasted Coffee」に変わりました











スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : スターバックス スターバックスのロゴ 新ロゴ コーヒー

18:25  |  The Others  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。